営業時間 9:00~17:00 定休日:土日祝日

TEL: 03-3269-4741
FAX: 03-3268-7920
E-mail: ha@haruna-inc.co.jp

お客様の課題を、ともに解決します。
~問題解決エンジニアリング~

私たちは、高い品質とサービスをかかげ、安心のできる社会に貢献します。
tie-690084.jpg solve-2636254.jpg shaking-hands-3091906.jpg statistics-3335680.jpg businesswoman-2817567.jpg
HARUNA INCORPORATED 株式会社ハルナ 東京都新宿区南山伏町2-1 営業時間 9:00~17:00(定休日: 土日祝日) TEL: 03-3269-4741 FAX:03-3268-7920 

GREETING

ご挨拶

株式会社ハルナ

弊社は、会社設立以来ふっ素樹脂製品及び加工品の専門メーカーとして長きにわたり各分野に製品を提供し続けてまいりました。
製品に対して性能、機能、価格とニーズが厳しく問われる時代となり全社員一丸となって、皆様の要求に応えるべく日々精進努力してまいります。
今後とも弊社製品をより一層のご愛顧お願い申し上げます。

SERVICE

業務内容

ふっ素樹脂製品の専門メーカーとして、ふっ素樹脂PTFEポンプ、ふっ素樹脂PTFE電磁弁、エアーバルブ、継手等の配管材及びフッ素ゴム製品、理化学関連商品として、J.YOUNG(J.ヤング)グリスレスコック等のガラス機器を提供しています。
また、祖業を活かし、弊社ならではの、ISO認証取得支援・維持運用サポート・研修などのコンサルティングを行なっております。

WORKS

製品事例

フッ素樹脂(PTFE)配管継手フロロコネクター
ふっ素樹脂バルブ・弁
J.YOUNGガラス加工品
ふっ素樹脂バルブ・弁
J.YOUNGガラス加工品
ふっ素樹脂バルブ・弁
フッ素樹脂(PTFE)配管継手フロロコネクター
フッ素樹脂(PTFE)配管継手フロロコネクター

PROFILE

会社概要

事務所名

株式会社ハルナ

住所

〒162-0854  東京都新宿区南山伏町2-1
代表取締役 高倉宣夫

TEL

03-3269-4741(代表)

FAX

03-3268-7920

資本金

2,000万円

設立

1955.04.16

事業内容

ふっ素樹脂製品販売及び加工
フッ素ゴム製品販売及び加工
理化学機器販売(J.YOUNG製品日本代理店)
マネジメントシステムのコンサルティング
運用サポート
その他付帯する事業

営業所

水戸営業所
〒311-1251  茨城県ひたちなか市山崎46-2
TEL 029-274-1404
FAX 029-265-7917

主要取引先

・株式会社東芝セミコンダクター社
・株式会社日立製作所
・矢崎総業株式会社
・古河電気工業株式会社
・住友ケミカルエンジニアリング
・株式会社SCREENセミコンダクターソリューションズ
・東京大学
・東北大学
・東京工業大学
・防衛庁

HISTORY

沿革

1955

東京都台東区に株式会社榛名商行を設立
工業用各種パッキングの加工販売
日本バルカー工業㈱の特約代理店
フッ素製品の日本総代理店であった岸本産業㈱と提携しKEL-Fレジン KEL-Fエラストマ-の研究及び国内販売活動開始

1960

㈱金陽社と提携し、フッ素ゴム「パーフロン®」が半導体製造プロセスで好評。一方、原子力関係に「パーフロン®CX」が採用される

1965

ポーラス硬質クロムメッキ面へのふっ素樹脂含浸研究が完成
特殊圧縮機などへの新用途を開く(特許製品)

1973

拡散前処理用ウエハー洗浄装置の自動化製品を出し業界の先鞭をつける

1978

社名を株式会社ハルナに変更し、半導体製造用機器専門メーカーとして各部門の充実を計る

1989

高温薬液循環用配管材料としての、バルブ・ポンプの各種継手をそろえ販売開始

1995

水戸に組み立て工場のクリーンルーム完成

1999

洗浄装置部門より撤退し業務を部品専門に集約する新体制に移行

2000

ホームページを開設

2021

ホームページデザイン全面リニューアル

ACCESS

アクセス

電車の場合

営団地下鉄東西線神楽坂駅 徒歩12分
都営地下鉄大江戸線牛込神楽坂駅 徒歩5分
JR飯田橋駅 徒歩20分

お車の場合

高速道路飯田橋ICを下車 約5分